千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  
旧館の「千の天使がバスケットボールする」http://blog.goo.ne.jp/konstanze/

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< お詫び | TOP | 『ロッキー・ザ・ファイナル』 >>

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2007.05.21 Monday

「東京を創った男 後藤新平」NHK特集より

後藤後藤新平という人物をご存知であろうか。
実は、私も「物語三昧」のペトロニウスさまにナビしていただき、明治から大正時代にかけすぐれた業績と遺産を後世に残したこの類まれなる政治家を知ったのだった。今年は、その後藤新平の生誕150周年にあたる。100年先を見据えて、子孫のために今なすべきことを実行した彼の軌跡には、これからの日本が考えるヒントがある。
東京大学教授で都市計画を専門とする西村幸夫氏が東京の街を歩きながら、彼の業績と思想を紹介しながら未来を考える番組が、昨夜NHKで放映された。


後藤2
後藤新平は、1857年岩手県水沢で下級武士の子として生まれる。こどもの頃はきかん坊だったが、医学を学び内務省衛生局に入局、その後台湾に渡り台湾総督府民政長官に就任して、独自の「生物学の原理」を応用してインフラ整備をすすめ、満州鉄道総裁、帰国後は内務大臣、外務大臣等、近代国家に向かう日本の夜明けに重要な要職を務めた。
後藤新平は、その生涯で数多くの優れた仕事で成果を発揮したが、番組では主に関東大震災で壊滅した東京の復興事業における都市づくりに焦点をあてて構成されていた。

かっての東京は江戸文化の名残を保ちつつも、家屋が密集し、道路は砂塵と雨がふればぬかるみと不衛生であり、交通面でも効率も悪く交通事故もたび重なった。不運にも関東大震災によって東京が壊滅すると、後藤は災害に強い町づくりを考え、大通りにそった建物は耐火建築を義務付け、また車社会を予見して道路を広く幹線道路を整備した。番組では、パネルを使ったわかりやすい神田の町の区画整理の解説、住民への理解をえるために配布した「区画整理」のパンフレット、市民の人気をえた後藤自身による講演会の写真などが紹介された。また道路の整備とともに上下水道、ガスなどのライフラインを提供するスペースも一緒に設置した。この見えない恩恵ははかりしれないと実感する。当時の国家予算15億円のなかで、8億円計画をもちあげるなど”後藤の大風呂敷”と揶揄されることもあったが、
「人間の体も国家もしっかりとした太い動脈が通っていなければ、成長はない」とした。



後藤また現存する三輪アパートから、西洋的なデザインでありながら、うらに洗濯場を設置するなど、日本文化と西洋建築技術を融合した後藤の優秀なブレーンの仕事ぶりも伺える。今ではすっかり老朽化してまもなく壊されるアパートも、新築当時は非常によくできて美しい建築物だったのではないかと感心した。地方から上京して独身者用の部屋が最上階に設けられているのも、幅広い世代の中でこどもが育ち、入居者が交流できる配慮からによる。
さらに九段小学校では、木の床、通風孔が設けられ、モダンな窓が並び、公園が隣接すると単にハコモノを造るのではなく、こどもたちが学ぶ環境を考えた設計者のまなざしと信念が伝わってくる。

タイトルは「東京を創った男」。
西村幸夫氏が伝える「日本唯一のグランドデザイナー」という言葉の意味と、後藤新平の残した遺産の価値を今ここで私たちが考えていくことの必要性を痛感した好番組だった。そんな後藤が最後に残したのが次の言葉だった。
「金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。」

■アーカイブ
後藤新平 外交とヴィジョン」北岡伸一著

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト


23:29 | - | - | -

コメント

後藤新平といえば、鶴見俊輔、鶴見和子のおじいちゃん。
鶴見俊輔が語っている祖父の姿というのはなかなか強烈なものです。後に鶴見俊輔という人を創った母親に与えた影響を考えると尚更強烈です。
英雄の家族はなかなか大変だな、と思いましたね。
2007/05/22 9:06 AM by waremokou
>waremokouさまへ

お久しぶりです。以前より読みにくいかと思いますが、新館へのご訪問をありがとうございます。

>後藤新平といえば、鶴見俊輔、鶴見和子のおじいちゃん

私も今回、後藤新平のテレビを観て、調べて初めておすだったのか、と知りました。
この後藤さんという方は本を読むと非常に先見性もあり、大胆な政治家であるとともに、人間的にもユニークな方だったようです。この張り付けた画像は、ボーイスカートの制服ですが、近代的な発想をもちながら金ピカ制服が大好きだったそうです。
それにしても、よくいろいろなことをご存知ですね。
^^
2007/05/23 6:20 PM by 樹衣子
>人間的にもユニークな方だったようです

御親族の方々には、刑務所に入って博打打や盗人といっしょにやってきたことも隠さずに自慢の種になさっていたとか。豪胆な方ですね。
2007/05/23 11:30 PM by waremokou
>刑務所に入って博打打や盗人といっしょにやってきたことも隠さずに自慢の種になさっていたとか

おお、、蛮爵氏はやはり豪胆な方であられたか。(笑)
最近は、そのような政治家が生まれる土壌ではないですからね。
2007/05/25 11:43 PM by 樹衣子

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

後藤新平伯爵〜東京を創った”蛮爵”・・・空白の日本近代史
後藤新平伯爵〜東京を創った”蛮爵”・・・空白の日本近代史 ■東京を創った”蛮爵” こんにちは。 ペトロニウスさまの掲題記事の内容とは、少し主旨が違っておりますが、 日曜日のNHKで放映された後藤新平の特集番組をTBさせていただきました。 都市
(物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために 2007/05/25 10:49 PM)

▲top