千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  
旧館の「千の天使がバスケットボールする」http://blog.goo.ne.jp/konstanze/

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 「エコノミスト・ヒットマン」ジョン・パーキンス著 | TOP | 「夜明けの街で」東野圭吾著 >>

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2008.04.03 Thursday

業務連絡

桜を観に、小旅行に行ってきます。

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト


23:44 | - | - | -

コメント

私は重度の花粉症なので、花見は自殺行為なんですよね(苦笑)。羨ましい。

以下、個人的私信。

『わたしを離さないで』、凄いですね…。まだ中ほどなのですが、なんというか、もの凄い傑作である、というインスピレーションにあてられているだけで、その作品の凄さのロジカルな部分までは、まだ到達できていないのですが、これは追々追及してゆくとして…兎に角素晴しい作品を推薦して頂けたのは、なんというかものごっつい幸せです。有難うございました。いやホント。

あと、深夜〜早朝のファミレスの客層についてのレポートをば…。
・明らかに終電逃したと思しき酔漢
・深夜勤務明けと思われる人
・見るからにお水関連の就業者と思われる男女
・朝までずっと机に突っ伏して爆睡を決め込む老人
・外人のジェントルマン+日本人の女性(英語で雑談)

カオスです。
2008/04/09 1:13 PM by 渡辺
>渡辺さまへ

個人的私信、拝読しました。嬉しかったですね。
テーマ、発想自体に一種の畏怖すらあるのですが、最終的に生きることの意味への重く普遍的な問いかけに進化していくのが素晴らしいですよね。イシグロ・カズオさんの作品の、独特の静謐感も好きです。
感想を楽しみにしています。^^

>カオスです。

笑・・・深夜のファミレスには、行ったことがないのですが、これまた都会の絵になる風景ですね〜〜。さすがに、可憐な乙女としては、その絵の中に溶け込みたいという願望はないですが、もう一度、学生に戻れたら、今度は深夜のファミレスで延々と青臭いことを語り明かしたいですね!
2008/04/09 11:34 PM by 樹衣子

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://konstanze466.jugem.jp/trackback/205

トラックバック

▲top