千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  
旧館の「千の天使がバスケットボールする」http://blog.goo.ne.jp/konstanze/

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 自立していくのだめ「のだめカンタビーレ」#20 | TOP | 業務連絡 >>

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2008.03.31 Monday

「エコノミスト・ヒットマン」ジョン・パーキンス著

ひ本書の著者の職業は、1971年〜80年まで米国の国際的コンサルティング会社の有能なエコノミストだった。
しかし、その素顔は賄賂、選挙の裏工作、都合のよい財務収支報告書にお決まりの脅しや女の道具や武器を駆使して、世界中の国々をだまして莫大な金を掠め取るエコノミック・ヒットマン。本書は、その仕掛け人の懺悔物語である。

彼らエリート集団は、貧しい国に発電プラント、高速道路、港湾施設、空港、工業団地などのインフラ設備をもちかけて、建設の請負業者を米国の企業に請け負わせることを条件に、国際的金融機関から融資を利用して、米国の大企業や政府、銀行を率いるコーポレートクラシーが他国を思いのままに繰れる状況をつくりだしていくのがミッションだ。資金の大半は、米国から流出しない。ワシントンのオフィスから、国内のエンジニアリング会社に送金される。けれども融資を受けた被援助国は、当然ながら元金&利息の返済を求められる。この借金は、莫大である。あっというまに債務国は債務不履行に陥り、ついには国連での投票権の操作、軍事施設の設置や石油やパナマ運河などの資源のアクセスなど、厳しい代償が待っている。
かくして、貧困国はめでたく世界帝国の軍門にさがる。
工事を請け負う企業にすれば莫大な収益を得るが、その一方で借りる立場としてはほんのごく一部の権力者にだけ金がまわり、大多数の貧しい人々はさらに貧困に陥る。たとえGNPが上昇したとしても、利益を得るのはガスや電気の公益事業を所有する有力者だけで、健康や教育を必要とする貧しい人々には、結果的に借金返済の犠牲となり社会的福祉を奪われることになる。それが、世界のからくりだ。

本書はそうした世界経済の暗部に光をあてる高い目的をもちながら、著者というひとりの人間の自白がさらす米国人好みの”暴露本”という面も有する。厳格な両親に育てられたこと、最初の妻との離婚、その後出逢った魅力的な女性たちとの交流を経て、さらに魅力的な報酬と刺激的な仕事に、自分自身の良心に問うという問題を先送りにしたことへの自分への贖罪もかねている。辛口な言い方をすれば、有能に次々と仕事を決めて昇進の階段を登るエコノミストとしての自信、達成してきた業績への回顧とわずかな自慢、、、私には、正直でおそらく弁のたつおしゃべりなヤンキーな執筆者の姿が目に浮かぶ。本書を執筆したことで、罪を浄化して自己満足していないか。そうは言っても著者は、最終的には自分は奴隷商人だと悟る。自分の後輩の現代のエコノミストたちは、貧困にあえぐ人々は、収入がゼロよりもたとえ一日1ドルでも稼ぐほうがましであり、彼らは勤務先の企業が生き残るための根幹で、自分たちの豊かなライフスタイルの基盤であることをも理解している。それで、よいのか。
厳格な両親、そして周囲のクラスメートに比較して裕福ではなかった学生時代をおくった著者が、たいした理念もなくほんのきっかけでこの業界にあしをいれ、持ち前の上昇志向もあいまって、まるで映画のように太陽がいっぱいの人生がはじまる。混沌とした第三世界での若者好みの冒険ハナシもある。けれども、自らの良心の呵責に堪えかね、チャールズ・T・メイン社を退職してから20年近い歳月が流れ、一人娘も成人してようやく本書が日の目を見ることになった。

米国政府とサウジアラビアは、イスラム教徒のゲリラに約35億ドルを提供しているという話題も含めて、世界情勢に関心のある方には、内容の殆どは既知の事実であろう。それでも、世界の真相とからくりを知りたい方には、本書はお薦めである。東洋経済新報社が出版した意義もあるというものだ。

JUGEMテーマ:読書



2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト


22:47 | - | - | -

コメント

ああ、、これは面白そうですね。なるほど。
2008/04/01 6:04 AM by ペトロニウス@物語三昧
>ペトロニウスさまへ

米国ではベストセラーになったそうですが、確かにおもしろいです。
けれども、私には物足りない感じも残りました。筆はたつが、日本だったら、宝島社あたりから出版されていそうな「暴露本」の域を出ていないというのが率直な感想です。
2008/04/01 10:05 PM by 樹衣子

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://konstanze466.jugem.jp/trackback/204

トラックバック

『エコノミック・ヒットマン』
「アメリカが世界から収奪する仕掛けはこうして構築された」ここで話題にした、元アメリカのNSAの工作員:ジョン・パーキンスの告発本が、ついに和訳され出版されたので、早速買ってきた。 アマゾン:エコノミック・ヒットマン※画像もここから {/face_warai/}続き
(にほん民族解放戦線^o^ 2008/07/24 3:29 AM)

▲top