千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  
旧館の「千の天使がバスケットボールする」http://blog.goo.ne.jp/konstanze/

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 「現代のガリレオ」情熱大陸より | TOP | 「石のハート」レナーテ・ドレスタイン著 >>

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2008.01.22 Tuesday

ヴァイオリン界の重鎮去る

【江藤俊哉氏死去=戦後日本を代表するバイオリニスト】
日本人音楽家として戦後初めて国際舞台で活躍し、音楽教育にも尽くしたバイオリニストの江藤俊哉(えとう・としや)氏が22日午前6時36分、死去した。80歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。
4歳でバイオリンを始め、12歳で第8回音楽コンクール優勝・文部大臣賞、さらにNHK交響楽団と共演するなど天才ぶりを発揮。東京音楽学校(現東京芸大)卒業後、戦後初の音楽留学生として渡米し、エフレム・ジンバリストに師事した。1951年にはカーネギーホールでリサイタルを開くなど、米国を中心に演奏活動を行った。
61年に帰国、スケールの大きさと包容力を感じさせる演奏で人気を博す一方、後進の育成にも情熱を傾け、堀米ゆず子や千住真理子らを育てた。また、自らタクトも振り、オーケストラとアンサンブルにも深い理解を示した。(2008/01/22時事通信社 )
*************************************************
私は訃報に関するブログをめったに書かないのだが、江藤俊哉氏は特別。
各紙の報道を読んでいて、初めて知ったのだが、江藤さんは例の「違いがわかる男」としてコーヒーのCMに出演されていたそうだ。享年80歳ということから、随分前のことなのだろう。スポーツ新聞の見出しになると【「違いのわかる男」江藤俊哉氏死去】になるらしい。世間一般の認識レベルというのは、こんなものだろう。天才ヴァイオリニストとしてデビューした時の音を知っている者は、もうあまりいない。
しかし、後年ご自身はステージで華やかなライトをあびることはなかったが、演奏活動で活躍されている多くのヴァイオリニストを育てた。日本の音楽教育、特にヴァイオリン教育に関しては、この方の名前は大きい。
江藤氏は、戦後、ヴァイオリン教育に力をそそぎ、掘米ゆず子さんがエリザベート国際コンクールで優勝した時は、海外の留学の経験がなくとも自前で世界に通用する音楽家を育てられるという意味でも、当時は彼女の受賞は画期的であり、朗報を祝ったと聞く。
掘米さんだけでなく、国際的なコンクールで賞をとった門下生は、加藤 知子さん、諏訪内晶子さん、戸田弥生さん、清水直子さん(現在はVa)、それにベルリンフィルでコンサートマスターとして重責を担う安永徹さん、新日本フィルのコンサートマスター・豊島 泰嗣さん、東京都響の矢部 達哉さん、近頃帽子を被って路線変更をされたような古澤巌さん、川本 嘉子さん(Va)、川畠 成道さん・・・国内外で活躍されているヴァイオリニストは、推挙にいとまない。桐朋音大の卒業生を含めて、江藤氏に師事した方はとんでもない数にのぼるだろう。
戦後、日本経済の発展と音楽教育にかける親の熱意と良い楽器という音楽家の育成の条件も整備されたが、やはりヴァイオリン族の発展の最大の功績者のひとりは江藤俊哉さんだろう。
逆に言えば、ジュリアード音楽院のドレシー・デュレイ氏のように名教師で力のある教師には、それだけ優秀な生徒が集まるということか。
若手の庄司さやかさんや神尾真由子さんが原田幸一郎氏に師事していることから、ひとつの時代が終わったともいえる。
JUGEMテーマ:音楽



2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト


23:24 | - | - | -

コメント

この訃報を書いている人が少ないのでやはり時代かなと思いました。子供の頃からの活動歴が長いので、既に他界していらしたと思って居りました。まだ予想以上にお若かった。

私は生では朝比奈とのベートヴェンを聞いた覚えがあります。独特の節回しに浪花節風のイメージをもったのも今となっては良い思い出です。
2008/01/24 6:09 AM by pfaelzerwein
>pfaelzerweinさまへ

概して音楽家は長生きですからね、、、。そう言えば、江藤さんの師である鈴木慎一さんが亡くなって今年は10年です。戦後、日本のクラシック音楽会の水準は、聴衆の意識も含めてかなり高くなったのではないかと思います。

>私は生では朝比奈とのベートヴェンを聞いた覚えがあります。独特の節回しに浪花節風のイメージをもったのも今となっては良い思い出です。

それは、日本の音楽シーンの歴史を感じさせますね。私は、10年ぐらい前の記念コンサートでブラームスVn協を弾かれたのを聴いたことがあります。当時から、美食のために体調がすぐれなかったようです。音楽家は、食べることも好きですからね。。。
2008/01/24 10:53 PM by 樹衣子

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://konstanze466.jugem.jp/trackback/165

トラックバック

▲top