千の天使がバスケットボールする

クラシック音楽、映画、本、たわいないこと、そしてGackt・・・日々感じることの事件?と記録  
旧館の「千の天使がバスケットボールする」http://blog.goo.ne.jp/konstanze/

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| TOP | 『善き人のためのソナタ』 >>

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2007.03.29 Thursday

ブログの時代―旧館「千の天使がバスケットボールする」より

05/3/14

先週の「週刊文春」で真鍋かおりさんやヤクルト球団、古田選手らの人気ブログの記事が掲載されていた。ブログをやるのは自己顕示欲というのが文春の分析。

何故、自分はブログをはじめたのだろう。以前の自分の性格から考えたらありえなかったことだ。ブログを書いて公開するということは、自らの心のストリップに近いものがある。そんなことは考えるだけでもおぞましいという感覚からの不特定多数への”仮面の告白”というこの跳躍は?

職場環境が変わったこともあるかもしれない。以前は、仕事がら手のあいた時は「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」「エコノミスト」「選択」という雑誌を読むことで経済や時勢の情報収集ができた。また男性社会だったために、その手の会話もできた。ところが、今は仕事も含めて諸々が180度かわり、職場は殆ど花盛り?の女性ばかり。政治や経済の話なんぞしたら浮いてしまうぞ。そんなわけでブログでささやかな知識ながらも、文章をおこすことによって世の中の流れを感じていたい、朝から夜まで時間に追われる日常で自分を見つめ、自分と向き合う時間をつくるためにものを書いていこうというのが確信犯の動機だ。

それから、先日の検察審査会の親睦会で現審査委員長に、初回の「裁判員制度に反対の立場をとるもの」という自己紹介から私のような女性は100人に一人もいないだろうと声をかけられた。言葉は悪いが論理的な思考ができそうだからできない男よりもよっぽど役にたつというのが一応の真意らしいのだが。そういう発想そのものにちょっと男女差別の意識が含まれているのは充分自覚されているので、その点については言及せずに「ただの変人なんですよっ」と笑い飛ばした。
考えてみると、だいたいこどもの頃から自分はマイノリティ派だった。(天邪鬼ともいえるかもしれないが)クラシック音楽が好きだという趣味じたい、もはや絶滅種に近い。けれども、gooだけでも154453の膨大なブログの群れから、興味のあるテーマーや共通の話題を検索していくと共感できるブログにお目にかかれるのが予想外の発見だ。しかも読んでいておもしろかったり、内容も素晴らしいブログに出会うことによって、ブログをはじめてよかったと思える。

2013.12.15 Sunday

スポンサーサイト


23:51 | - | - | -

コメント

こんばんは。新館ですね。それにしてもWIN98を2台とはおそれいりました。もの持ちの良さよりも、マイクロソフトに対する「ささやかな抵抗」かも知れませんね。話題はそれますが、日本人のアメリカ指向は何とかならないものでしょうか?1国の重大なITシステムを米国の一企業のOSに委ねてよいものでしょうか?いささか旧聞に属しますが、空母エンタープライズの航行システムにWINDOWSが採用されといった冗談がまことしやかに流れたことがあります。エンタープライズのパイロットは「フリーズしたら何処へ行くんだろう」とアメリカ人はきっちり本音をはいているのですね。アメリカ指向のついでに、ソフトクリームを食べながら歩く女性(特に美しい女性は)を見ると、猛烈に悲しくなります。我々は食べながら歩くことは不道徳と教えられてきたのですが、こんなぼやきはもう古い? 新館でのブログ楽しみにしております。

追伸
発表会のDVDはまだ制作中です。なんと遅いことでしょう。そんなに時間はかからないはずなのですが、年をとったせいでしょうか。今しばらくお持ち下さいませ。
2007/03/31 11:26 PM by calaf
こんばんは★
早速のご訪問ありがとうございます。
文字数が多いため、このテンプレートを選択しておりますが、かなり読みにくいかと心配しております。

>マイクロソフトに対する「ささやかな抵抗」

言えてます。^^calafさまのおっしゃるアメリカ指向とは若干違うかもしれませんが、マイクロソフト独占状況は危ないですね。
しかしそれも経済原理に関わることなので、いたしかたのない部分もあるのですが。ソフトクリームの食べ歩きはまあよいとして、胸の開いた(見える、のぞける)服を堂々と着こなす女性を見るとうらやましい反面、ちょっと女性としても目のやりばに困ることがあります。リゾート地やパーティシーンだったら素敵な露出度も、通勤電車内では似合わないのでは。
発表会のDVDですが、それだけ気合がはいっているのでしょう。chiakiさんがお嫁に行かれる時は、さぞかし・・・。
関東圏では、もう桜が満開です。夜も暖かく、今年の春は、スプリングコートを着る機会が少ないようです。
2007/04/01 9:49 PM by 樹衣子
こんばんは。スプリングコートの件、覚えてくださってたのですね。とてもうれしいです。ロングへアのスプリングコートの後姿は、私の春先の楽しみのひとつです。もちろん正面は問いません。想像するのが楽しいのです。話は桜に戻って、桜で有名な夙川(西宮市)にJRの駅が出来ました。その名も「さくら夙川駅」です。夙川の堤を、スプリングコートの肩に、ひとひらの桜が舞う姿は、いまもって忘れがたい思い出です。今年はその夙川の桜を30数年ぶりで見に行きます。但し一人です。残念ながら。
2007/04/01 11:17 PM by calaf
calafさまへ

こんばんは。
昨夜は、友人のお通夜でした。
桜が満開なのに、東京では雪が舞いました。当時の同じ大学のサークル仲間と呑んで帰宅途上、スプリングコートでは寒くて凍えそうでした。
これから毎年この季節になると、桜とスプリングコートをキーワードに、友人と語らい友を見送った夜を思い出すのかと考えると、なんとも寂しくもあります。
(ここのところ仕事も再び多忙になり、また訃報やさまざまなカタチでの別れもあり、ブログを更新する気力が下降気味です。)

>今年はその夙川の桜を30数年ぶりで見に行きます。

それは楽しみですね。懐かしい桜をご覧になってどんな心情がcalaf様の胸の去来するのか、そっと尋ねてみたいものです。。
2007/04/05 10:44 PM by 樹衣子

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://konstanze466.jugem.jp/trackback/1

トラックバック

▲top